家事もする薬剤師が転職で後悔しないためにしたこと

首尾よく転職することに成功できた

結婚して育児も家事もするようになるというとき働き続けたいという意思を伝えたところ首尾よく転職することに成功できた

そこで、結婚後に住む場所を探しながら、並行してその近隣に職場の候補を探すことにしました。
育児のことを考えて、昼間は子供を任せることはできても、できるだけ早く家に帰れるようにしたいというのが事実です。
後悔しないための選択として外したくなかったのが病院勤務であり、薬剤師として病棟での医療に携わっていきたいという意識は強かったので、これを優先事項として決めました。
夜勤がなくて残業も少ない待遇の病院はないかと探してみたところ、わずか3つであったものの、通勤できる圏内に候補の病院を見つけることができました。
その中でも残業は基本的になしという待遇が目についた病院に応募することにして、最後にもう一度覚悟を決めるための相談を彼として転職に踏み出したのです。
しっかりと目標が決まっていたので面接で怖気づくこともありませんでした。
もし望んでいる条件通りにならないのなら転職をしないという道もあったので、堂々と自分の意思を伝えることができたと思います。
残念ながら最初の病院では採用してもらえませんでしたが、3つのうちで2つ目に選んだ病院で採用を決定してもらうことができました。
まもなく結婚式を挙げる予定だったので3ヶ月後からの勤務ということで契約がまとめることもできたのも幸運でした。
それからバタバタともともとの職場で引き継ぎをして、結婚式も挙げて引っ越しもする三ヶ月が過ぎましたが、首尾よく転職することに成功できています。

私の利用した薬剤師転職サイト薬剤師専門の就職・転職・求人サイト 薬剤師リンク